利用者の安全を確保しよう|エレベーターの点検は専門業者に頼もう

エレベーター

いつも見守っています

エレベーターは建築基準法で定期的な保守点検が義務受けられています。一級、二級建築士、昇降機検査資格者が1月以内に実施し、修理回復によって快適性能を維持させます。点検には保守点検と定期検査があり、計画的にメンテナンスを行います。

作業者

契約内容で費用が変わる

ビルやマンションなどを所有していると、定期的にメンテナンスを行うため建物管理費にコストがかかります。そのなかでも多く占めているのがエレベーターのメンテ費用です。少しでも安くしたいと考えている場合は、メンテナンス企業で2種類の契約から行われる点検内容を知って、どちらかを選択することが大切です。

ドア

依頼する前に

エレベーターのメンテナンスとしては、消耗品の交換のほか、部品交換があります。メンテナンス契約としては必要最低限の点検を行うPOG契約とすべてを行うフルメンテナンスの2種類があります。業者を選ぶ際にはエレベーターの取り扱いに慣れている業者を選ぶのがポイントです。

専門技術で直してくれる

作業員

安全で安心のために必要

マンションにはエレベーターが設置されていることがあります。高層階に住む人には足となるので、とても大切なものです。それが壊れてしまったら階段を利用しなくてはならないため、不便さを感じる人も少なくありません。だからこそ、定期的に点検をする必要があります。通常、マンションのエレベーター点検は専門業者が行うことになっています。マンションの管理会社が提携しているメンテナンス業者に来てもらうのです。その頻度はマンションによって異なります。安全のためには、できるだけ頻繁に見てもらった方が安心です。また、専門業者に見てもらうことで、常に安全で安心して利用することができます。というのも、この手の精密機器を素人では点検も修理もできないからです。専門的な知識や技術が必要なので、専門業者に見てもらうことが一番です。エレベーターの点検内容は、主に故障がないかどうかのチェックとなっています。例えば、部品が劣化していれば事故に繋がるかもしれません。それをいち早く見つけるためにも、隅々まで部品をチェックしていきます。もちろん、エレベーターの点検は短時間で終わらせなくてはなりません。何時間も使えないようでは、マンションに住む人が困ってしまうからです。そこで、短時間でチェックできるようにマニュアルが作られています。熟練している人ならチェック項目も簡単にこなせるので、数分で終わることもあるはずです。このように、マンションのエレベーター点検は、安全や安心を得るためにも必要不可欠なことと言えます。管理会社に委託せずに、自身でマンションを管理しているという人は、インターネットで専門業者を探しましょう。24時間相談を受け付けている業者や、無料相談を実施している業者もあるので、まずは気軽に話を聞いてみましょう。費用や点検内容を確認の上、信頼できる業者を選ぶと良いでしょう。