利用者の安全を確保しよう|エレベーターの点検は専門業者に頼もう

契約内容で費用が変わる

作業者

部品交換をどうするか

マンションやビルの維持管理費の中でエレベーターのメンテナンス費用は、結構な割合を占めるため負担を感じる人も多いようです。人命に関わる内容なので、メンテナンスを疎かにするわけにはいきませんが、実際にどのような内容で点検されているかなどは知りたいものです。エレベーターの点検は数年前の市場開放によって、これまでメーカー系企業の独占市場になっていたものが、メンテナンス業務を主とする企業が参入したことにより、サービスの質を保ちながら価格競争が起こっています。エレベーターの点検は、メンテナンス企業の契約によって2つの種類から選択できます。ひとつはフルメンテナンス契約で、経年劣化した電子部品や機械などの取り替えにかかる費用を契約内に含むもので、常にエレベーターを最良の状態に維持してくれます。もう一方はPOG契約と呼ばれるもので、点検と共に電球といった少額の消耗品の交換や潤滑剤の補充を行います。ただし、大がかりになる部品については修理や取り替えは行われないので、都度相談することになります。この2つの契約内容によって点検にかかる費用の相場が違うので、管理維持費を安くしたい場合は良く検討してから契約することになります。相場はエレベーターの種類によっても違いはありますが、1回の点検でフルメンテナンス契約なら30,000〜45,000円、POG契約なら20,000〜25,000円程度となります。単純に費用を抑えるならPOG契約が最適ですが、万が一にも故障が起こって修理する費用がかかるとフルメンテナンス契約以上の出費になることもあるため、建物の築年数や状況を踏まえて決めることが大切です。