利用者の安全を確保しよう|エレベーターの点検は専門業者に頼もう

いつも見守っています

エレベーター

信頼と安心を提供しよう

日々使用しているエレベーターは維持保全が法律によって定められています。エレベーター内を見渡すと定期検査報告済証が貼られていると、きちんと点検をしていると確認することができます。エレーベーター事故はさまざまなものがあります。閉じ込め事故や人が挟まる事故、ブレーキ制御不良によりフロア途中での停止など、どれも乗っている人に負担を掛けてしまいます。エレーベーター点検は建築基準法に基づいて、建物の所有者や管理者がおおむね1月以内に昇降機の維持管理をしなければいけないと定められています。実勢に点検を行う人は一級もしくは二級建築士、昇降機検査資格者が行ないます。この定期的な点検によって快適性能が保たれているため、少しでも保守の時期がずれていたり、悪い点検結果を放置しておくと劣化が進んでしまいます。検査記録は3年以上の保管が義務付けられています。エレベーターの点検は大きく2種類あります。部品の消耗から修理が必要な場合、保守点検として傷んだ箇所を修理、交換します。これとは別に計画を立てながらフルメンテナンスを行う定期検査を実施します。パーツの寿命を迎える前に定期的に交換することで事故を未然に防ぐことができます。これらの小まめな検査を依頼する保守会社はエレベーターに乗る人の命を守る仕事ともいえます。建物の管理者は保守会社の選定にも重点を置き、日頃の生活に安心と信頼を提供できる環境を作っていきましょう。